ジュール・ベンシェトリ

フランス

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』とは、パリの国立高等音楽院を舞台に、貧困層の若者が著名な音楽ディレクターに見出されプロの演奏家へと成長していくシンデレラボーイストーリーです。主演を演じた若手俳優ジュール・ベンシェトリ(Jules Benchetrit)は、第44回セザール賞で有望賞の候補に上がりました。
タイトルとURLをコピーしました