2020-01

お金

『おひとり様でも、一生お金に困らない本』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『おひとり様でも、一生お金に困らない本』とは、経済ジャーナリストとして活躍している、荻原博子氏の著作で、2017年に株式会社PHP研究所より出版されました。
書評

『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』とは、J-WAVEやFmyokohama、NHKラジオなどで活躍するFMBIRD所属のラジオDJの秀島史香氏の執筆で2017年に朝日新聞社より出版されました。
映画

『マイフレンチフィルム・フェスティバル』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)』とは、2010年に1回目を開催し、2020年に10回目となるインターネットを中心として展開しているオンライン映画祭です。
お金

『フリー 無料からお金を生み出す新戦略(FREE The Future of a Radical Price)』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『フリー 無料からお金を生み出す新戦略』とは、雑誌『ワイアード』の編集長を務め、「ロングテール」という言葉を生み出したクリス・アンダーソン(Chris Anderson)氏の執筆で、日本放送出版協会(NHK出版)より出版された本です。
書評

『4つのブランドを立て直した八方塞がりを打破するマーケティング』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『4つのブランドを立て直した八方塞がりを打破するマーケティング』とは、元ウブロジャパン代表取締役でブランド再生アドバイザーとして活躍している高倉豊氏の執筆で、2013年に角川書店から出版されました。
書評

『できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88』とは、Webマーケティング専門のコンサルタントである敷田憲司氏や、岡崎良徳氏、株式会社スタジオライティングハイの代表取締役である岸智志氏、株式会社フリーランチの代表取締役である、能見健吾氏の共著で2018年に株式会社インプレスより出版されました。
書評

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」』とは、慶應義塾大学大学院研究科美学美術史学専攻修士課程を修了し、コーン・フェリー・ヘイグループにてイノベーションを担当している山口周氏の執筆で2017年に株式会社光文社より出版されました。
映画

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

実在した数学者で暗号解読者であるイギリスのアラン・チューリング氏、第2次世界大戦の際にドイツの暗号「エニグマ」を解読した際の物語。『Alan Turing: The Enigma』を原題とし、モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)氏が監督を務め、スタジオカナル、ワインスタイン・カンパニー、ギャガが配給。
タイトルとURLをコピーしました