2019-11

お金

『投資で勝ち続ける賢者の習慣』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『投資で勝ち続ける賢者の習慣』とは、慶應義塾大学を卒業後、野村證券に入社し、トップ証券マンとして活躍した山崎和邦氏の執筆により日本実業出版社から2017年に出版されました。
お金

『晴れた日に傘を買う人はお金が貯まる』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『晴れた日に傘を買う人はお金が貯まる』とは、株式会社フェリーチェプランナー代表でファイナンシャルプランナーの田中香津菜氏の執筆で株式会社扶桑社より出版されました。
映画

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い( Extremely Loud & Incredibly Close)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い( Extremely Loud & Incredibly Close)』とは、ジョナサン・サフラン・フォア氏の小説を原題にし、『リトル・ダンサー』や『愛を読む人』などの監督スティーブン・デーヴィッド・ダルドリー氏により2011年にワーナー・ブラザースより配給されました。
お金

『人生が変わるお金の大事な話「稼ぐ×貯まる×増える」のヒミツ』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『人生が変わるお金の大事な話「稼ぐ×貯まる×増える」のヒミツ』とは、『お金の教養』などを出版し、ファイナンシャルアカデミーグループ代表の泉正人氏の執筆によるお金に関する本で、WAVE出版より発行されました。
映画

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』とは、ポール・セザンヌとエミール・ゾラの長きに渡る友情を描いたフランスの伝記ドラマで、パテとセテラ・インターナショナルが配給をし日本では2017年に公開されました。
書評

『グロースハッカー』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『グロースハッカー』とは、シリコンバレーで誕生した「急成長請負人」のこと。斜め上を行く発送から新世代のマーケティングでもあります。メディア戦略であるライアン・ホリデイ(Ryan Holiday)が執筆し、翻訳に佐藤由紀子氏、解説者に加藤恭輔氏を招いて、日経BPマーケティング社より出版されました。
書評

『Work in Progress デジタルマーケティングで大切なこと』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『Work in Progress デジタルマーケティングで大切なこと』とは、デジタルでの感覚と考え方、そしてデータ分析からアプリ開発まで理解するための一冊となっています。東京大学大学院 学際情報学府修了後、リクルートで加須数のデジタルマーケティングを担当した板澤一樹氏の執筆で2018年より翔泳社より出版されました。
お金

『金持ち父さんの21世紀のビジネス』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『金持ち父さんの21世紀のビジネス』とは、「金持ち父さん貧乏父さん」で一躍人気作家となった、ロバート・キヨサキ著作で筑摩書房より出版されました。金持ち父さん貧乏父さんシリーズは、「金持ち父さん貧乏父さん」「金持ち父さんのキャッシュフロー。クワドラント」などが出版されています。
タイトルとURLをコピーしました