maru

フランス

『セラヴィ!(Le Sens de la fête)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セラヴィ!(Le Sens de la fête)』とは、ジャン=ピエール・バクリ(Jean-Pierre Bacri)を起用した結婚式を舞台にしたドタバタコメディ。第43回セザール賞では10のノミネートがされた映画です。
フランス

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』とは、パリの国立高等音楽院を舞台に、貧困層の若者が著名な音楽ディレクターに見出されプロの演奏家へと成長していくシンデレラボーイストーリーです。主演を演じた若手俳優ジュール・ベンシェトリ(Jules Benchetrit)は、第44回セザール賞で有望賞の候補に上がりました。
フランス

『大統領の料理人(Les Saveurs du palais)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『大統領の料理人(Les Saveurs du palais)』とは、実在した大統領の初の女性シェフ、ダニエル・デルプシュ(Danièle Mazet-Delpeuch)をモデルにした、料理映画です。主演をカトリーヌ・フロ(Catherine Frot)が務め、第38回セザール賞では主演女優賞にノミネートされました。
フランス

『わたしはロランス(Laurence Anyways)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『わたしはロランス(Laurence Anyways)』とは、俳優であり若手監督でもグザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)による作品で、第65回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されました。本映画祭でクィア・パルム賞を受賞。またスザンヌ・クレマン(Suzanne Clément)は、女優賞を受賞しました。
イベント

『GENKYO 横尾忠則  原郷から幻境へ、そして現況は?』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?』とは、東京都現代美術館で2021年7月17日(土)から10月17日(日)まで開催している、グラフィックデザイナーで画家、アーティストである横尾忠則の作品展です。
フランス

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』とは、『蛇にピアス』ですばる文学賞、芥川賞を受賞した金原ひとみ著書。2020年4月28日に株式会社集英社より出版されました。
映画

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(About Time)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(About Time)』は、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス(Richard Curtis)が監督、ハリー・ポッターにも出演していたドーナル・グリーソン(Domhnall Gleeson)が主演を務めました。
映画

『キャロル(Carol)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『キャロル(Carol)』とは、パトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith)の『The Price of Salt』を原作にし、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの主演で、2016年に日本で公開されました。カンヌ国際映画祭で女優賞、クィア・パルム賞を受賞。アカデミー賞でも各賞でノミネートされました。
映画

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました(Chef)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました(Chef)』とは、俳優であり監督、プロデューサーでもあるジョン・ファヴロー(Jon Favreau)が務めた映画です。
映画

『日日是好日』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『日日是好日』とは、禅の考えでもあり禅語である「日日是好日」をテーマに、お茶の世界を通じて人生の生き方を紹介する森下典子のエッセイ『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』を原作に、黒木華、多部未華子、樹木希林が出演、大森立嗣が監督を務めました。
タイトルとURLをコピーしました