maru

映画

『きみがぼくを見つけた日(The Time Traveler’s Wife)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『きみがぼくを見つけた日(The Time Traveler's Wife)』とは、オードリー・ニッフェネガーの原作を、ブラッド・ピットの映画会社プランBエンターテインメント(Plan B Entertainment)が製作を手掛け、レイチェル・アン・マクアダムス (Rachel Anne McAdams)とエリック・バナ(Eric Bana)が主演を務めました。
映画

『月はどっちに出ている』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『月はどっちに出ている』とは、俳優岸谷五朗、フィリピン人女優のルビー・モレノが主演。血と骨や闇の子供たちなどの著作で有名な梁 石日の原作を崔洋一が監督をした映画です。
お金

『金融ダークサイド』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『金融ダークサイド』とは、元山口組の組長である猫組長こと菅原潮氏が金融やマネーの世界に関する裏側にスポットを当てて紹介した本です。株式会社講談社から2019年7月25日に出版されました。
映画

『ギルバート・グレイプ(What’s Eating Gilbert Grape)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ギルバート・グレイプ(What's Eating Gilbert Grape)』とは、ジョニー・デップ主演、助演に知的障害の弟役に若かりし頃のレオナルド・ディカプリオが出演。監督は、サイダーハウス・ルールやマイライフ・アズ・ア・ドッグなどを手掛けたラッセ・ハルストレム(Lasse Hallström)が務めました。レオナルド・ディカプリオは本映画でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされます。
映画

『アナライズ・ミー(Analyze This)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『アナライズ・ミー(Analyze This)』とは、ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)とビリー・クリスタル(Billy Crysta)が主演を務め、ハロルド・レイミス(Harold Ramis)が監督を務めました。
映画

『6才のボクが、大人になるまで。(Boyhood)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『6才のボクが、大人になるまで。(Boyhood)』とは、ビフォア・サンセットやビフォア・サンライズなどを手掛けるリチャード・リンクレイター(Richard Linklater)が監督を務め、イーサン・グリーン・ホーク(Ethan Green Hawke)が主演を演じ、ゴールデングローブ賞では作品賞と監督賞を、アカデミー賞では助演女優賞を獲得しています。
映画

『海街diary』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『海街diary』は、吉田秋生の漫画を原作に、『誰も知らない』や『万引き家族』などで有名な是枝裕和監督による映画で、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが四姉妹として鎌倉の街に住むというハートウォーミングな人間ドラマです。日本アカデミーで最優秀作品賞や監督賞などを受賞しました。
お金

『金のなる人』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『金のなる人』とは、日本マイクロソフト株式会社に入社し、その後投資コンサルティング会社インスパイアを設立した成毛眞氏による投資やお金に関する内容で、ポプラ新書から2019年11月6日に出版されました。
映画

『グリーンブック(Green Book)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『グリーンブック(Green Book)』は、実在した黒人ピアニスト、ドン・シャリーこと、ドナルド・ウォルブリッジ・シャーリー(Donald Walbridge Shirley)とボディーガードを引き受けたイタリア系白人トニー・リップ(Tony Lip)との、アメリカ南部を巡る大人の友情と黒人差別、ロードトリップの映画
映画

『天才スピヴェット(L’extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『天才スピヴェット(L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet)』とは、アメリなどで一躍日本でも有名となった、ジャン・ピエール・ジュネ監督により『ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」』を原作として2013年に公開されました。
タイトルとURLをコピーしました