マーケティング

書評

『グロースハッカー』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『グロースハッカー』とは、シリコンバレーで誕生した「急成長請負人」のこと。斜め上を行く発送から新世代のマーケティングでもあります。メディア戦略であるライアン・ホリデイ(Ryan Holiday)が執筆し、翻訳に佐藤由紀子氏、解説者に加藤恭輔氏を招いて、日経BPマーケティング社より出版されました。
お金

読書『ゲイリーの稼ぎ方』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ゲイリーの稼ぎ方』とは、オンラインでワインを販売して年間で50億円を稼いだベトナム系アメリカ人のゲイリー・ヴェイナチャック氏が執筆。岩本貴久氏が翻訳を務めフォレスト出版社より2010年に発行された本です。
タイトルとURLをコピーしました