映画

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』とは、ポール・セザンヌとエミール・ゾラの長きに渡る友情を描いたフランスの伝記ドラマで、パテとセテラ・インターナショナルが配給をし日本では2017年に公開されました。
書評

『グロースハッカー』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『グロースハッカー』とは、シリコンバレーで誕生した「急成長請負人」のこと。斜め上を行く発送から新世代のマーケティングでもあります。メディア戦略であるライアン・ホリデイ(Ryan Holiday)が執筆し、翻訳に佐藤由紀子氏、解説者に加藤恭輔氏を招いて、日経BPマーケティング社より出版されました。
書評

『Work in Progress デジタルマーケティングで大切なこと』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『Work in Progress デジタルマーケティングで大切なこと』とは、デジタルでの感覚と考え方、そしてデータ分析からアプリ開発まで理解するための一冊となっています。東京大学大学院 学際情報学府修了後、リクルートで加須数のデジタルマーケティングを担当した板澤一樹氏の執筆で2018年より翔泳社より出版されました。
お金

『金持ち父さんの21世紀のビジネス』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『金持ち父さんの21世紀のビジネス』とは、「金持ち父さん貧乏父さん」で一躍人気作家となった、ロバート・キヨサキ著作で筑摩書房より出版されました。金持ち父さん貧乏父さんシリーズは、「金持ち父さん貧乏父さん」「金持ち父さんのキャッシュフロー。クワドラント」などが出版されています。
書評

『コンテンツマーケティングの教科書』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『コンテンツマーケティングの教科書』とは、BtoBマーケティングやオウンドメディアマーケティングといった、インターネットを利用したコンテンツのマーケティングについて網羅された内容で、日経BPコンサルティング コンテンツコミュニケーション・ラボが編著者として、日経BPマーケティングより2016年に出版されました。
お金

『「アルティメット富裕層」という生き方』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『「アルティメット富裕層」という生き方』とは、純金融資産1億円以上を所有する層を指し、富裕層の生き方や生活の仕方、お金の稼ぎ方を紹介した本です。株式会社OKAMURAの代表取締役である岡村恭資氏の執筆で、株式会社星雲社より出版されました。
映画

『シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)』とは、コナン・ドイルの名作「シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes)」を原案にした、探偵物語で、ガイ・リッチーが監督を務め、ホームズをロバート・ダウニー・Jr、助手で医者であるワトソンをジュード・ロウが演じ、ワーナー・ブラザースより公開。
書評

『競争優位の仕組みを見抜く&構築する ビジネスモデルの教科書【上級編】』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『競争優位の仕組みを見抜く&構築する ビジネスモデルの教科書【上級編】』とは、エモリー大学のビジネススクールでMBAを取得したエミネンスLLC代表の今枝昌宏氏の執筆によるビジネスモデルの作り方や既存のビジネスモデルについて紹介している本で東洋経済新報社より出版されました。
イベント

東京芸術祭とは?『吾輩は猫である』野外劇を鑑賞!感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

東京芸術祭とは、豊島区が芸術、アート、イベントに力を入れている区を上げての都市型総合芸術祭です。2016年を皮切りに、2017年、2018年、そして2019年と連続開催されています。豊島区というと、池袋にある東京芸術劇場が有名で、主に東京芸術劇場を中心に、演劇や芸術、アートの催しを開催しています。
お金

『お金持ちの行動学』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『お金持ちの行動学』とは、京都大学経済学博士であり、労働経済学や公共経済学を専門に、京都大学名誉教授である、橘木俊詔(たちばなき としあき)氏の執筆で、2017年より株式会社宝島社より出版されました。
タイトルとURLをコピーしました