映画

『ヤング≒アダルト(Young Adult)』映画のおすすめ!感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

映画『ヤング≒アダルト(Young Adult)』とは、『JUNO/ジュノ』で人気を博した映画監督ジェイソン・ライトマンと脚本家ディアブロ・コーディによる作品です。シャーリーズ・セロンが主演をし、パラマウント映画より2011年に公開されました。
お金

『Gポイント活用術』節約、増税対策、マイル獲得にはポイントがお得

Gポイントは、ビッグローブがグループ会社となっており、安心して利用できる点ひとつ。また、1Gが約1円に換算できるため、1000ポイントで実は10円しか貯まっていなかった、というような勘違いにはなりません。
映画

『ヒューゴの不思議な発明(Hugo)』映画おすすめ!感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ヒューゴの不思議な発明(Hugo)』とは、原作がブライアン・セルズニックの小説『ユゴーの不思議な発明』。監督をマーティン・スコセッシが務め、主役の少年役を大きな瞳のブルーアイズが印象的な『僕と世界の方程式(A Brilliant Young Mind)』のエイサ・バターフィールドが演じました。パラマウントより配給された映画です。
書評

『ダークサイド・スキル(DARK SIDE SKILL) 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技』おすすめ!感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ダークサイド・スキル(DARK SIDE SKILL) 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技』とは、一般社会や組織、会社の中で、いわゆるミドルリーダーに位置する人たちへ泥臭いスキルを身につける術を紹介しています。論理的思考能力や財務・会計知識といったハード的なスキルを「ブライトサイド・スキル」とし、本書『ダークサイド・スキル(DARK SIDE SKILL) 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技』では、生身の人間を説得し組織を動かしていく慣性を持つ、ヒューマンスキルに着目しています。レスター大学経営大学院修士(MBA)出身でグロービス経営大学院教授の木村尚敬氏が著作し、2017年7月5日に日本経済新聞社より出版されました。
映画

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi)』映画、感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi)』とは、の2001年に出版されたヤン・マーテル執筆『パイの物語』を原作にし、アン・リーが監督を務め、20世紀フォックスが配給。第85回アカデミー賞では、監督賞、作曲賞、撮影賞、視覚効果賞の4部門受賞、11部門ノミネートという映画作品です。
映画

『ANNIE/アニー(Annie)』映画、感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ANNIE/アニー(Annie)』とは、定番ミュージカルで1924年から『Little Orphan Annie』として日本でも毎年演劇されているアニーの現代版にリメイクした映画です。ウィル・スミスがプロデューサーを務め、コロンビア映画より配給されました。
お金

『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『50円のコスト削減と100円の値上げでは。どちらが儲かるか?』とは、経営と会計を軸に、物語形式で話が進む、公認会計士で税理士、LEC会計大学院教授である林總(あつむ)氏、著作でダイヤモンド社より出版されました。
お金

鴨頭嘉人『知らなきゃ損するお金の話』YouTube、感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

鴨頭嘉人『知らなきゃ損するお金の話』とは、19歳でマクドナルドのアルバイトを始め、正社員になり、店長へ上り詰めた、鴨頭嘉人氏の、お金にまつわるエピソードの講演会の一部を収めたYouTubeです。
映画

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙( The Iron Lady)』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙( The Iron Lady)』とは、イギリスで初の英国女性首相に就任した、マーガレット・サッチャーをモデルにした伝記ドラマ映画です。20世紀フォックス、ザ・ワインスタイン・カンパニーが配給をし、メリル・ストリープが演じました。
書評

『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち(Streampunks)』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち(Streampunks)』とは、YouTube社チーフ・ビジネス・オフィサーであるロバート・キンセラ(Robert Kyncl)とGoogleでライターを務め、米国国際開発庁のチーフスピーチライターとしても活躍していたジョンズ・ホプキンス大学卒のライター、マニー・ペイヴァン(Manny Peyvan)の執筆で、度会圭子氏が翻訳、解説に落合陽一氏を迎え、2018年3月15日に株式会社文藝春秋より出版された本です。
タイトルとURLをコピーしました