書評

書評

『生成AI』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『生成AI 社会を激変させるAIの創造力』とは、人工知能のAIの中で文章や音楽、イラストや画像、動画を生成してくれる「生成AI」について白辺陽に執筆によりまとめられた本です。2023年6月8日にSBクリエイティブ株式会社より出版されました。
書評

『2050年の世界 見えない未来の考え方』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ【IT通信革命】

『2050年の世界 見えない未来の考え方』とは? 『2050年の世界 見えない未来の考え方』とは、経済学者で経済コメンテーターであるヘイミシュ・マクレイが執筆し、遠藤真美氏が翻訳を手掛け日経BP・日本経済新聞出版より2023年7月2...
お金

『貯金すらまともにできていませんがこの先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ!資本収益率は5~7%とは?

『貯金すらまともにできていませんがこの先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』とは、漫画家の若林杏樹さんと税理士の大河内薫さんによる節約や節税、投資に関する本です。2021年9月20日にサンクチュアリ出版より初版が出ました。
書評

『THE FORMAT』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『THE FORMAT』とは株式会社リクルートHRマーケティングや株式会社リブセンスで活躍し、現在株式会社キャスターの取締役の石倉秀明氏による文章術の本です。2022年11月15日に株式会社サンマーク出版より出版されました。
書評

『しっかり稼げるおうちライターの教科書』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『しっかり稼げるおうちライターの教科書』とは女性ライフジャーナリストである斉藤カオリさんが執筆し、2023年4月24日にみらいパブリッシングから出版されました。
書評

『推し、燃ゆ』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ。「蹴りたい背中」違い

『推し、燃ゆ』とは、当時21歳の宇佐見りん氏が執筆し、2020年9月に河出書房新社から出版されました。その後芥川龍之介賞を受賞し、同立最年少記録を果たしました。
書評

『伝え方』松永光弘の本のレビュー、感想、あらすじ、ネタバレ

『伝え方』は、編集家である松永光弘が執筆し、2023年6月11日に株式会社クロスメディア・パブリッシングより出版されました。『伝え方』は、編集者やライター、ウェブライター、文筆家を目指している方や、すでに生業として仕事をしている方向けの文章力の本です。学生で論文の執筆やSNSでの伝え方を学びたい方や、会社員でも資料作成やクライアント様向けの文章作成に役立つオススメの内容となっています。
書評

『誰にも奪われたくない』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『誰にも奪われたくない』とは、芥川賞にノミネートされた作詞家でもある児玉雨子氏による短編小説です。2021年7月30日に河出書房新社より出版されました。『スクラップ・アンド・ビルド』のような現代的な純文学で読みやすくておすすめです。
書評

『反=恋愛映画論』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『反=恋愛映画論』とは、映画評論家、映画執筆家の佐々木敦氏と児玉美月氏による対談本です。2022年9月30日に株式会社Pヴァインより出版されました。
書評

『スクラップ・アンド・ビルド』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『スクラップ・アンド・ビルド』とは、作家羽田圭介による文学小説で株式会社文藝春秋より2018年5月10日に出版されました。第153回芥川賞を受賞しました。
タイトルとURLをコピーしました