書評

書評

『弱者男性1500万人時代』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『弱者男性1500万人時代』とは、ライターであり、経営者でもあるトイアンナ氏の執筆で2024年5月1日に扶桑社新書から出版された本です。
書評

『1冊でゼロから達人になる「書く力」の教室』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『1冊でゼロから達人になる「書く力」の教室』とは? 『1冊でゼロから達人になる「書く力」の教室』とは、ライターでコピーライターとして活躍している田中泰延氏とライター志望者である直塚大成氏による、書き方の指南書の本です。2023年12...
書評

『行動経済学が最強の学問である』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『行動経済学が最強の学問である』とは行動経済学コンサルタントの相良奈美香による行動経済学にまつわる人やお客様の行動をまとめた本です。2023年6月8日に初版がSBクリエイティブ株式会社より出版されました。
書評

『リーダーの仮面』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『リーダーの仮面』とは、「プレイヤー」から「マネジャー」になるための、頭を切り替える思考法の本です。2020年に初版が出版され、2023年3月22日に19版も出版されている重版されているヒット作。株式会社識学の代表取締役社長、安藤広大が執筆し、ダイヤモンド社より出版されました。
書評

『共感SNS』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『共感SNS』はアイドルを卒業(脱退)した菅本裕子が、フォロワーを増やしたり、案件を獲得するまでの葛藤とノウハウを描いた内容となっています。2019年5月に出版されたのち、2022年に幻冬舎より文庫化されました。
書評

『売れるコピー言い換え図鑑』の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

売れるコピー言い換え図鑑とは、みんなのコピー代表、大橋一慶氏の執筆により2023年10月1日にワニブックスより出版されました。
書評

『生成AI』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『生成AI 社会を激変させるAIの創造力』とは、人工知能のAIの中で文章や音楽、イラストや画像、動画を生成してくれる「生成AI」について白辺陽に執筆によりまとめられた本です。2023年6月8日にSBクリエイティブ株式会社より出版されました。
書評

『2050年の世界 見えない未来の考え方』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ【IT通信革命】

『2050年の世界 見えない未来の考え方』とは? 『2050年の世界 見えない未来の考え方』とは、経済学者で経済コメンテーターであるヘイミシュ・マクレイが執筆し、遠藤真美氏が翻訳を手掛け日経BP・日本経済新聞出版より2023年7月2...
お金

『貯金すらまともにできていませんがこの先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ!資本収益率は5~7%とは?

『貯金すらまともにできていませんがこの先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』とは、漫画家の若林杏樹さんと税理士の大河内薫さんによる節約や節税、投資に関する本です。2021年9月20日にサンクチュアリ出版より初版が出ました。
書評

『THE FORMAT』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『THE FORMAT』とは株式会社リクルートHRマーケティングや株式会社リブセンスで活躍し、現在株式会社キャスターの取締役の石倉秀明氏による文章術の本です。2022年11月15日に株式会社サンマーク出版より出版されました。
タイトルとURLをコピーしました