書評

書評

『書く仕事がしたい』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『書く仕事がしたい』とは、ライターであり、コラムニストでもある佐藤友美さんが執筆し、2021年11月6日にCCCメディアハウスより出版されました。
お金

『株式VS不動産 投資をするならどっち?』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『株式VS不動産 投資をするならどっち?』とは、まとまったお金がある場合に、株式投資と不動産投資、どちらが良いかを説明した解説本です。証券アナリストでつばめ投資顧問の代表である栫井駿介氏と不動産投資家の沢孝史氏、そして兼業投資家の芦沢晃氏を迎えた、投資にまつわる内容です。2019年3月5日に株式会社筑摩書房より出版されました。
お金

『まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい』とは、北海道在住で不動産オーナー、投資家である加藤ひろゆき執筆で2016年に宝島社より出版されました。
映画

『夢中さ、きみに。』ドラマ・漫画の比較と感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『夢中さ、きみに。』は、もともと和山やまによる漫画『夢中さ、きみに。』がKADOKAWA出版から発行されました。第24回手塚治虫文化賞短編賞や第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を軒並み受賞すると一気に話題に。2021年1月8日から連続ドラマとしてテレビでも、ジャニーズ事務所のなにわ男子のメンバーである大西流星と高橋文哉のダブル主演で実写化もされました。
書評

『新しい文章力の教室』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『新しい文章力の教室』とは、「コミックナタリー」の初代編集長を務めた唐木元の執筆した書籍です。2015年に株式会社インプレスより出版されました。
書評

『他人の始まり 因果の終わり』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『他人の始まり 因果の終わり』とは、ラッパーであり音楽家、ミュージシャン、プロディーサーでもあるECDが2017年に河出書房新社より出版された自伝的小説です。
フランス

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』とは、『蛇にピアス』ですばる文学賞、芥川賞を受賞した金原ひとみ著書。2020年4月28日に株式会社集英社より出版されました。
書評

『芸術とは何か』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『芸術とは何か 千住博が答える147の質問』は、日本の画家で京都造形芸術大学教授である、千住博が美術や芸術、アートについての簡単な147の質問に回答する芸術初心者向け指南書のような本です。
お金

『「つながり」の創りかた 新時代の収益化戦略 リカーリングモデル』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『「つながり」の創りかた 新時代の収益化戦略 リカーリングモデル』とは、兵庫県立大学国際商経学部の教授である川上昌直氏の執筆で、2019年6月20日に東洋経済新報社より出版されました。
お金

『金融ダークサイド』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『金融ダークサイド』とは、元山口組の組長である猫組長こと菅原潮氏が金融やマネーの世界に関する裏側にスポットを当てて紹介した本です。株式会社講談社から2019年7月25日に出版されました。
タイトルとURLをコピーしました