『マネーの養分』第三回目の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マネーの養分』第三回目の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ お金
『マネーの養分』第三回目の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マネーの養分』とは?

『マネーの養分』とは、Twitter名「ぼのぼのですよ(@bonobonodesuyo)」氏が、お金のない人やお金が欲しい人に対して、その理由や訴えを聞いて、ぼのぼのですよ氏やゲストを満足させることができたらその人にお金を出す、素人のユーチューブです。

詳しくは、こちら『マネーの養分』感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ【YouTube】

第三話の内容とは?

さて、そんな『マネーの養分』ですが、第三話の今回は、最強の養分として、37歳のニートの男性です。ちなみに今回のぼのぼのですよ氏の挨拶は「どうやって稼げますか?って他人に聞くやつ大体年収300万円」だそうです。気をつけなければいけませんね。

ネタバレ

今回は、37歳の中卒の男性ニートです。小学校の頃のあだ名はトマトさん。お金がなくなった原因というか理由は、携帯MNPなどをしていたがオーバーローンを持ちかけられ借金が加算されていったそうです。

現在借金が450万円だそうです。消費者金融には借りていないので、あくまでもキャリアのみだそうです。

今回の参加者は自宅の抵当権を差し出すことで、200万円のお金を借りられることになりそうです。金利を含めて、月7、8万円の返金で、2年で程度で完済になるはずです。

まとめ

今回の挑戦者には、悲壮感があまりなく、「死にたい」と思ったことがないとのこと。色々と重なることがあっても、強く生きている姿に心が揺さぶられました。

とはいえ、まだ前編。親へ電話をかけて抵当権を質に入れることに。大きな波乱が待っていそうです……。

タイトルとURLをコピーしました