フランス

フランス

『セラヴィ!(Le Sens de la fête)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セラヴィ!(Le Sens de la fête)』とは、ジャン=ピエール・バクリ(Jean-Pierre Bacri)を起用した結婚式を舞台にしたドタバタコメディ。第43回セザール賞では10のノミネートがされた映画です。
フランス

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』とは、パリの国立高等音楽院を舞台に、貧困層の若者が著名な音楽ディレクターに見出されプロの演奏家へと成長していくシンデレラボーイストーリーです。主演を演じた若手俳優ジュール・ベンシェトリ(Jules Benchetrit)は、第44回セザール賞で有望賞の候補に上がりました。
フランス

『大統領の料理人(Les Saveurs du palais)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『大統領の料理人(Les Saveurs du palais)』とは、実在した大統領の初の女性シェフ、ダニエル・デルプシュ(Danièle Mazet-Delpeuch)をモデルにした、料理映画です。主演をカトリーヌ・フロ(Catherine Frot)が務め、第38回セザール賞では主演女優賞にノミネートされました。
フランス

『わたしはロランス(Laurence Anyways)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『わたしはロランス(Laurence Anyways)』とは、俳優であり若手監督でもグザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)による作品で、第65回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されました。本映画祭でクィア・パルム賞を受賞。またスザンヌ・クレマン(Suzanne Clément)は、女優賞を受賞しました。
フランス

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』とは、『蛇にピアス』ですばる文学賞、芥川賞を受賞した金原ひとみ著書。2020年4月28日に株式会社集英社より出版されました。
フランス

『新しい靴を買わなくちゃ』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子監督で2012年に公開。主演は中山美穂、向井理が務め、全編フランス、パリでオールロケ。プロデュースは、岩井俊二が務めたことでも話題になりました。
フランス

『シェルブールの雨傘(Les Parapluies de Cherbourg)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『シェルブールの雨傘(Les Parapluies de Cherbourg)』とは、第17回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得。カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)が主演を、監督をジャック・ドゥミ(Jacques Demy)が務めましました。
フランス

『ココ・アヴァン・シャネル(Coco avant Chanel)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

1流ブランド、CHANELの創立者ガブリエル・ボヌール・ココ・シャネル(Gabrielle Bonheur Coco Chanel)をテーマにエドモンド・シャルル=ルーの伝記の映画化。主演はオドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)が演じ監督をアンヌ・フォンテーヌ(Anne Fontaine)が務めたフランス映画。
フランス

『マイフレンチフィルム・フェスティバル』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)』とは、2010年に1回目を開催し、2020年に10回目となるインターネットを中心として展開しているオンライン映画祭です。
フランス

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』とは、ポール・セザンヌとエミール・ゾラの長きに渡る友情を描いたフランスの伝記ドラマで、パテとセテラ・インターナショナルが配給をし日本では2017年に公開されました。
タイトルとURLをコピーしました