フランス

フランス

『パリ、嘘つきな恋(Tout le monde debout)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリ、嘘つきな恋(Tout le monde debout)』は、2019年にフランク・デュボスクによる脚本・監督・主演を務めた大人のフレンチコメディ映画です。相手役のフロランスを演じたアレクサンドラ・ラミー(Alexandra Lamy)はグローブ・ドゥ・クリスタル賞を受賞しました。
フランス

『アデル、ブルーは熱い色(La vie d’Adele : Chapitres 1 et 2)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『アデル、ブルーは熱い色(La vie d'Adele : Chapitres 1 et 2)』は、チュニジア系の監督アブデラティフ・ケシシュによる映画でジュリー・マロ(Julie Maroh)のバンドシネマ(漫画)を原作とした作品です。
フランス

『アスファルト(Asphalte)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『アスファルト(Asphalte)』とは、2021年東京国際映画祭で審査員長を務めるイザベル・ユペール(Isabelle Huppert)が主演を務め、サミュエル・ベンシェトリが監督を務めました。第68回カンヌ国際映画祭の特別招待作品にもなっています。
フランス

『グッバイ、サマー(Microbe et Gasoil)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『グッバイ、サマー(Microbe et Gasoil)』とは、ダフト・パンクやカイリー・ミノーグなどのミュージックビデオ(MV)を手掛け、『エターナル・サンシャイン』などの映画監督を務めた、ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)が監督を務めた作品です。
フランス

『セラヴィ!(Le Sens de la fête)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セラヴィ!(Le Sens de la fête)』とは、ジャン=ピエール・バクリ(Jean-Pierre Bacri)を起用した結婚式を舞台にしたドタバタコメディ。第43回セザール賞では10のノミネートがされた映画です。
フランス

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリに見出されたピアニスト(Au bout des doigts)』とは、パリの国立高等音楽院を舞台に、貧困層の若者が著名な音楽ディレクターに見出されプロの演奏家へと成長していくシンデレラボーイストーリーです。主演を演じた若手俳優ジュール・ベンシェトリ(Jules Benchetrit)は、第44回セザール賞で有望賞の候補に上がりました。
フランス

『大統領の料理人(Les Saveurs du palais)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『大統領の料理人(Les Saveurs du palais)』とは、実在した大統領の初の女性シェフ、ダニエル・デルプシュ(Danièle Mazet-Delpeuch)をモデルにした、料理映画です。主演をカトリーヌ・フロ(Catherine Frot)が務め、第38回セザール賞では主演女優賞にノミネートされました。
フランス

『わたしはロランス(Laurence Anyways)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『わたしはロランス(Laurence Anyways)』とは、俳優であり若手監督でもグザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)による作品で、第65回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されました。本映画祭でクィア・パルム賞を受賞。またスザンヌ・クレマン(Suzanne Clément)は、女優賞を受賞しました。
フランス

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』本の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』とは、『蛇にピアス』ですばる文学賞、芥川賞を受賞した金原ひとみ著書。2020年4月28日に株式会社集英社より出版されました。
フランス

『新しい靴を買わなくちゃ』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子監督で2012年に公開。主演は中山美穂、向井理が務め、全編フランス、パリでオールロケ。プロデュースは、岩井俊二が務めたことでも話題になりました。
タイトルとURLをコピーしました