映画

映画

『マイフレンチフィルム・フェスティバル』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)』とは、2010年に1回目を開催し、2020年に10回目となるインターネットを中心として展開しているオンライン映画祭です。
映画

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

実在した数学者で暗号解読者であるイギリスのアラン・チューリング氏、第2次世界大戦の際にドイツの暗号「エニグマ」を解読した際の物語。『Alan Turing: The Enigma』を原題とし、モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)氏が監督を務め、スタジオカナル、ワインスタイン・カンパニー、ギャガが配給。
映画

『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章(The Second Best Exotic Marigold Hotel)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』は、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編。7人の熟年男女がセカンドライフ、ラストライフの生活を求めて、朽ち果てたホテルへ来訪し、それぞれの関係性やホテルの復興と併せて、自分の人生を見つめ直す物語。20世紀フォックスが配給をし、主演はジュディ・デンチらが続投しています。
映画

『パレードへようこそ(Pride)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『パレードへようこそ(Pride)』とは、2014年に第67回カンヌ国際映画祭監督週間でクロージング・フィルム上映されたイギリスの映画で、パテ、セテラ・インターナショナルの配給で公開されました。
映画

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い( Extremely Loud & Incredibly Close)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い( Extremely Loud & Incredibly Close)』とは、ジョナサン・サフラン・フォア氏の小説を原題にし、『リトル・ダンサー』や『愛を読む人』などの監督スティーブン・デーヴィッド・ダルドリー氏により2011年にワーナー・ブラザースより配給されました。
映画

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『セザンヌと過ごした時間(Cézanne et moi)』とは、ポール・セザンヌとエミール・ゾラの長きに渡る友情を描いたフランスの伝記ドラマで、パテとセテラ・インターナショナルが配給をし日本では2017年に公開されました。
映画

『シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)』とは、コナン・ドイルの名作「シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes)」を原案にした、探偵物語で、ガイ・リッチーが監督を務め、ホームズをロバート・ダウニー・Jr、助手で医者であるワトソンをジュード・ロウが演じ、ワーナー・ブラザースより公開。
映画

『英国王のスピーチ(The King’s Speech)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『英国王のスピーチ(The King's Speech)』とは、2010年にギャガより配給、公開され、第83回アカデミー賞では主演男優賞、作品賞、監督賞、脚本賞を受賞しています。イギリス王ジョージ6世と言語聴覚士であるライオネル・ローグ - ジェフリー・ラッシュとの二人の友情と、歴史を交えた伝記ドラマです。
映画

『イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)』とは、実在したフランスのファッションデザイナーであり実業家でもあったイヴ・サンローラン氏を題材にした伝記ドラマです。本映画は第40回セザール賞にノミネートされ、主演のピエール・ニネ氏が最優秀男優賞を受賞しています。
映画

『女を修理する男(The Man Who Mends Women The Wrath of Hippocrates)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『女を修理する男』とは、コンゴ共和国を舞台に、婦人科医の、デニス・ムクウェゲ氏を通して、コンゴで起こった悲惨さを訴えたドキュメンタリー映画です。「ホテル・ルワンダ」や『マンデラ 自由への長い道』と同じようにアフリカでの出来事をきっかけにした作品となっています。
タイトルとURLをコピーしました