映画

映画

『スポットライト 世紀のスクープ(Spotlight)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『スポットライト 世紀のスクープ(Spotlight)』とは、2001年に「ボストン・グローブ(The Boston Globe)」 紙に掲載されたカトリック神父による子どもたちへの虐待をスクープした大事件を映画化した社会派作品。第88回アカデミー賞で脚本賞と作品賞を受賞しました。主演をマーク・ラファロ(Mark Alan Ruffalo)、監督をトム・マッカーシー(Tom McCarthy)が務め、配給をオープン・ロード・フィルムズが行いました。
映画

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT(Michael Jackson’s This Is It)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT(Michael Jackson's This Is It)』とは、2009年6月に急死したマイケル・ジャクソンの7月に予定していたイギリス公演のリハーサルの模様をまとめたノンフィクション作品。監督をケニー・オルテガ(Kenny Ortega)が務め、ソニー・ピクチャーズが配給しました。
映画

『アニー・ホール(Annie Hall)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『アニー・ホール(Annie Hall)』とは、ウディ・アレン(Woody Allen)の主演、監督で1977年に制作されました。ヒロインは、本映画でアカデミー主演女優賞を受賞したダイアン・キートン(Diane Keaton)です。
映画

『(500)日のサマー((500) Days of Summer)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『(500)日のサマー((500) Days of Summer)』とは、アメージングスパイダーマンなどの監督を務めるマーク・ウェブ(Marc Webb)監督による初めての長編映画作品で、主演をジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)が務めた2009年の映画です。
映画

『しあわせの隠れ場所(The Blind Side)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『しあわせの隠れ場所( The Blind Side)』とは、NFLのラグビー選手マイケル・オアー(Michael Oher)氏を半生を描いた主演をサンドラ・アネット・ブロック(Sandra Annette Bullock)が演じ、監督をジョン・リー・ハンコック(John Lee Hancock)が務めました。
映画

『僕のワンダフル・ライフ(A Dog’s Purpose)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『僕のワンダフル・ライフ(A Dog's Purpose)』とは、W・ブルース・キャメロンの小説『野良犬トビーの愛すべき転生』を原題にし、ラッセ・ハルストレム(Lasse Hallström)が監督を務め、10台のイーサン役をK・J・アパ(Keneti James Fitzgerald Apa・KJ Apa)が演じました。
映画

『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(The Age of Innocence)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(The Age of Innocence)』とは、1993年に制作され、第66回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞しました。マーティン・チャールズ・スコセッシ(Martin Charles Scorsese)氏の監督で、主演をサー・ダニエル・マイケル・ブレイク・デイ=ルイス(Sir Daniel Michael Blake Day-Lewis)氏が演じました。
映画

『X-ファイル: 真実を求めて(The X-Files: I Want to Believe)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

1993年から2002年まで放送された『X-ファイル』の映画版です。モルダーとスカリーという優秀なFBIが、超常現象に関する事件の解決に挑む人気作品の映画作品。モルダーをデイヴィッド・ドゥカヴニー(David Duchovny)が、スカリーを、ジリアン・アンダーソン(Gillian Anderson)が演じました。
映画

『ココ・アヴァン・シャネル(Coco avant Chanel)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

1流ブランド、CHANELの創立者ガブリエル・ボヌール・ココ・シャネル(Gabrielle Bonheur Coco Chanel)をテーマにエドモンド・シャルル=ルーの伝記の映画化。主演はオドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)が演じ監督をアンヌ・フォンテーヌ(Anne Fontaine)が務めたフランス映画。
映画

『アイ・アム・サム(I am Sam)』映画の感想、レビュー、あらすじ、ネタバレ

『アイ・アム・サム(I am Sam)』とは、ジェシー・ネルソンが監督、ショーン・ペン(Sean Penn)が主演で、娘役をダコタ・ファニング(Hannah Dakota Fanning)が演じ、ニュー・ライン・シネマで配給されました。ショーン・ペンは、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされるほどの熱演です。
タイトルとURLをコピーしました